書評 BOOK REVIEW

著者

「人が生きる」ということ

歴史の全体化理論

著者:宮内 亨(みやうち とおる)

有限会社経営コンサルティングアソシエーション
代表取締役

昭和21年長崎市生まれ。山口大学で社会学を学び、日立グループでコンピュータ営業とシステム学を学び、20代、30代で中小企業診断学を深めていく。32歳から56歳まで船井総合研究所に在籍、「生産力」「生産関係」ともにトップコンサルタントになる。「自立した自由人の連合体」アソシエーションを個人、宗教、会社、社会、国家で構想してきた。70歳を超えた現在でもバリバリの現場売上アップ専門の経営コンサルタントである。